大空に「夢・感動」を描くアクロバットチーム

航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチーム、それがブルーインパルスです。正式名称は、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。青と白にカラーリングされた6機の機体が、大空で展開する一糸乱れぬフォーメーション、そしてダイナミックなソロ演技――次から次へ繰り広げられる驚異のパフォーマンスは、初めて観る人にとっては驚きの連続に違いありません。地上は大きな感動と歓喜の声に包まれます。その美しく雄大、華麗にして精密なフライトは、内外から高い評価を得てきました。これからもブルーインパルスは、「創造への挑戦」を合言葉に、より多くの人に「夢・感動」を感じていただける展示飛行を求め続けていきます。

(ブルーインパルス公式ホームページより)





■目的

この会は、ブルーインパルスの活動を応援するとともに会の活動を通して東日本大震災への復興に貢献する。

■活動・事業

(1) パンフレットによるブルーインパルスの活動スケジュールとパイロッ ト等のプロフィール紹介
(2) 基地見学や災害地視察、科学地球儀(国内初)、民宿ツアーなどを企画する。


松島基地

被災地視察


奥松島の風景

ディスカバリーセンター・科学地球儀